暖簾分け…その後 ~塩元帥の暖簾分けを達成した独立店主たちの日常を公開!

塩元帥で学び、暖簾分け(独立開業)を成功した店主たちの日常を公開しております。暖簾分け(独立開業)は、それ自体がゴールではなく、暖簾分け後、如何に店を繁盛・成長させることが出来るかが重要です。

自信があるから全てを公開。
暖簾分け後も熱く頑張る先輩たちの姿をぜひご覧ください。

暖簾分け店主 横尾祐樹 (本店尼崎)記事 WEBSITE
暖簾分け店主 松間一郎  (高槻店)記事 WEBSITE
暖簾分け店主 金谷章夫  (京都店)記事
暖簾分け店主 西本卓  (西中島店)記事
暖簾分け店主 谷池正彰 (京田辺店)記事
暖簾分け店主 大原良彦  (総社店)記事 WEBSITE
暖簾分け店主 高森達也 (伊川谷店)記事
暖簾分け店主 鈴木圭  (泉佐野店)記事
暖簾分け店主 藤原敬典  (小野店)記事 WEBSITE
暖簾分け店主 田中比呂宜(東近江店)記事
暖簾分け店主 谷口将隆  (岐阜店)記事
暖簾分け店主 近藤直樹  (長浜店)記事
暖簾分け店主 由井秀実  (倉敷店)記事 WEBSITE
暖簾分け店主 小田文彦  (津山店)記事 WEBSITE
暖簾分け店主 中山総一郎 (守山店)記事
暖簾分け店主 浦出久嗣 (法隆寺店)記事

新人さんに学ぶ「姿勢」の大切さ。


堺塩元帥、店主の福田です。
塩元帥は今、新人さんラッシュです。
今週は二人、立て続けに勤務初日を迎えました。
飲食経験者の学生さんと、アルバイト自体が全く初めてという学生さん。
両極端といった感じの二人ですが、二人に共通するのが「仕事への真摯な姿勢」です。
とにかく二人とも「メモを取る」。「返事が良い」。
どちらも、上手に物事を教わるうえでの基本ですが、この基本が、なかなかできないでいる人も今までたくさん見てきました。
それを今回、十代の若者二人が二人とも気持ち良いくらいにその姿勢をみせてくれるので、なんだかおじさんは(私は齢36です)心が洗われたような、背筋を伸ばしなさいと神様に言われたような、そんな気持ちにさせられました。
良い返事、笑顔。大切です。
確かに、もっと教えてあげよう、もっと応援したい。そんな気持ちになりますから。
自分自身、教える立場が多めですが、いざ、教わる立場に立ったとき、同じくらい良い返事、笑顔ができているのかと問われたら、恥ずかしいくらいできていないと思います。
日々勉強ですね。
人と人とが関わる職場です。人から学ばぬ手は無いです。
本や動画で学ぶのも良いですが、身近な「人」から学ぶことを大切にしていこう。
そう、改めて感じる今日この頃です。