正社員スタッフ紹介【東近江塩元帥 川口健二】

○前職 は?

 

板前

○応募のきっかけは(情報誌・ホームページなど)?

 

ホームページ・求人誌

○なぜ塩元帥を選んだのですか?

 

ラーメンの食べ歩きが好きで、総大醤・塩元帥の接客・味に興味が湧いたから

○働きやすい職場ですか?

 

皆、楽しく、親切に教えて頂けるので、楽しいです。

○仕事は楽しいですか?

 

次から次へと教えて頂けるので向上心を持って楽しく働ける。

○味へのこだわりで驚いたことは?

 

スープの計量・タレの計量など、グラム単位で計量するこだわり。

○人材教育、人間関係で驚いたことは?

 

スタッフに対しての心遣い皆が楽しく働ける環境づくりをしている。

○その他、塩元帥のすごいところは?

 

お客様への気遣い、接客がラーメン屋とは思えない程、考えられている。

○先々の夢は?

 

副店長・店長を経験し、独立して自分の店を持って自分のやりたいことを楽しくやっていきたい。

○これからチャレンジされる方へ一言!

 

色々な事を沢山学べる会社だと思ういます。常に謙虚な気持ちを忘れず、向上心を持って夢を叶えて下さい。

正社員スタッフ紹介【鶴見塩元帥 横田亮二】

○前職 は?

 

製造業

○応募のきっかけは(情報誌・ホームページなど)?

 

求人誌を見て

○なぜ塩元帥を選んだのですか?

 

飲食業が自分に一番合っていると思った事と、ラーメンが好きで塩元帥が一番美味しいと思ったから。

○働きやすい職場ですか?

 

はい。皆アットホームなムードでしっかり教えてくれますし、分からない点は質問すればすぐに答えてくれます。

○仕事は楽しいですか?

 

はい。日々、自分がレベルアップする為の課題とスタッフとしてお店として、できる事を考えて行動しているので

非常に充実した日々を過ごしています。

○味へのこだわりで驚いたことは?

 

無添加、無化調と全て店舗で仕込をしていること。味のブレがないよう全員で味をチェックしていること。

○人材教育、人間関係で驚いたことは?

 

「怒らない指導」を重視していること。人間力の向上に努めていること。イキイキした方が多いこと。

○その他、塩元帥のすごいところは?

 

お客様に美味しいラーメン、お料理を食べて頂くのは勿論ですが、「美味しい!!」とお客様からエネルギーがもらえる事。

○先々の夢は?

 

独立オーナーになって、世の為人の為、自分の為、地域の為に全力で突き進む事。

○これからチャレンジされる方へ一言!

 

全力に入社して私はいろいろな人のお蔭もあり、変わることができ、今こうして楽しく充実した日々を過ごしています。本気で自分を変えたい方、ぜひ一緒に頑張りませんか?お待ちしております。

正社員スタッフ紹介【鶴見塩元帥 小島翔太】

○前職 は?

 

学生。 塩元帥の元アルバイトです。

○応募のきっかけは(情報誌・ホームページなど)?

 

元々、店前の求人看板を見て応募し、アルバイトとして働くうちに社員として働きたいと思いました。

決まっていた内定をお断りして、入社しました。

○なぜ塩元帥を選んだのですか?

 

スタッフの皆さんの人柄がすごく良く、働いていてとても楽しかったからです。

○働きやすい職場ですか?

 

上記の通り、初対面でも気兼ねなく話せる方ばかりなのでとても働きやすいです。

○仕事は楽しいですか?

 

皆さんと冗談を言い合ったり、プライベートでも交流があったり居心地良く働かせて頂いており、とても楽しんでいます。

○味へのこだわりで驚いたことは?

 

天然素材を使い、あの味を出しつつ、とても安全な食べ物という所

○人材教育、人間関係で驚いたことは?

 

初めて接する方でも、とてもフランクに接して下さるので気まずさ等が無い。

○その他、塩元帥のすごいところは?

 

ここ最近の知名度、知人に名前を出すと大体の人が知っている。

○先々の夢は?

 

早く研修を終えて、正社員になり、副店長・店長・独立を目標に頑張ります。

○これからチャレンジされる方へ一言!

 

とてもチャンスの多い職場です。

正社員スタッフ紹介【姫路塩元帥 岡本慶治】

○前職 は?

 

住宅機材販売

○応募のきっかけは(情報誌・ホームページなど)?

 

尼崎塩元帥へ来店後、ホームページを見て

○なぜ塩元帥を選んだのですか?

 

飲食店への転職を考えていた際、実際の現場を見て基本から学べると思いました。独立制度は大きな魅力です。

○働きやすい職場ですか?

 

約1年働かして頂いていますが、本当にベテラン・新人関係なく、皆が仲良くお仕事できます。

○仕事は楽しいですか?

 

以前の職と比べると今の仕事は、お客様との距離も近く「ありがとう」と言って頂ける瞬間は最高に楽しいです。

○味へのこだわりで驚いたことは?

 

やはりラーメンで無添加・無化調には驚きました。一番最初に尼崎塩元帥で塩ラーメンを食べた時は衝撃的でした。

○人材教育、人間関係で驚いたことは?

 

否定的な事は言わないという原則なので、陰口・ねたみ・不満等は一切無く、

その中で意見などがあればしっかり話し合い、改善されるところに驚きました。

○その他、塩元帥のすごいところは?

 

お客様の事を何よりもよく考え、また、スタッフの事も同じようによく考えてくれている所。

味へのこだわり・安全安心へのこだわり。

○先々の夢は?

 

独立を目指し、経営者の立場に立ち人を活かせる人間になること。

○これからチャレンジされる方へ一言!

 

塩元帥求人サイトをご覧頂き、ありがとうございます。

今、ご覧になっている方、本当にツイています。

夢にあふれる職場です。自分の頑張りを必ず評価して頂ける会社です。一緒に頑張りましょう!!

 

正社員スタッフ【姫路塩元帥 竹浦利昭】

○前職 は?

 

ラーメン店

○応募のきっかけは(情報誌・ホームページなど)?

 

ホームページを見て

○なぜ塩元帥を選んだのですか?

 

実際に食べに行って、ラーメンの美味しさ、接客に感動して。

○働きやすい職場ですか?

 

人間力の高い人がたくさんいて働きやすい。

○仕事は楽しいですか?

 

お客様の笑顔の為、全力で働けるところが楽しい。

○味へのこだわりで驚いたことは?

 

化学調味料を使わず、手作り、安心安全なところ。

○人材教育、人間関係で驚いたことは?

 

しっかりしとした研修があり、人材教育にすごく力を入れているところ。

○その他、塩元帥のすごいところは?

 

本気の仲間達がたくさんいるところ。

○先々の夢は?

 

店長になり独立し自分の店を持つことです!

○これからチャレンジされる方へ一言!

 

塩元帥には独立制度があり、自分のお店を持つチャンスがあります。

人生かけて何かやり遂げたい人、経営者になりたい方、一緒に頑張りましょう。

 

 

 

副店長紹介【高槻塩元帥 小林久雄】

○前職は?

 

飲食業をしていました。

○応募のきっかけは(情報誌・ホームページなど)?

 

総大醤で初めて食べた時に感動し、本店塩元帥、鶴見塩元帥にも通いました。

○なぜ塩元帥を選んだのですか?

 

一過性の流行のラーメン屋とは違い、無添加、自然栽培など特別なものを感じました。

そして暖簾分け制度に惹かれました。

○働きやすい職場ですか?

 

厳しい中にも優しさがあり、新人の仕事を覚える楽しさがあり、やりがいがあります。

○仕事は楽しいですか?

 

技術の習得、ラーメンの知識を得たり、常に課題があり楽しいです。

営業終了後のスタッフと飲んで話したりするのが楽しいです!

○味へのこだわりで驚いたことは?

 

天然塩ラーメンのあっさりした中にコクがあり、他の塩ラーメンとの違いにビックリしました。

焼飯も作り置きではなく、オーダーごとに作るスタイル、基準の高さに驚きました。

○ 人材教育、人間関係で驚いたことは?

 

論語の勉強があり、日々成長できると思います。

全体会議でみなさん仕事の話で熱く語り合い、海外旅行があり他店舗の社員さんとも仲良くなれてよかったです。

○その他、塩元帥のすごいところは?

 

無添加・無化調・自然栽培・人材教育に力を入れ、そして店舗展開が速く夢のある会社です。

○先々の夢は?

 

独立オーナーになり、友人と共に違う業態にもチャレンジしたいです。

○これからチャレンジされる方へ一言!

 

商品力、接客力もあり、他のラーメン屋とは違います。

暖簾分け店主【京都塩元帥 金谷章夫】

○前職は?

 

前職も飲食業に携わっておりました。
個人の中華店を9年と、チェーンのラーメン店を9年、合わせて18年勤めさせて頂きました。
2店舗目のラーメン店では、役職として主任を任されていました。

○転職した理由は?

 

2店舗目の会社の営業不振により、転職を余儀なくされました。

○なぜ塩元帥を選んだのですか?

 

私自身「醤油ラーメン」が大好きで、多くのラーメンを食べ比べをいたしました。

その中でも総大将のラーメンが一番美味しく、私にとって衝撃的でした。

働くならここしかない!と、味で決めたようなものです。

○応募のきっかけは?

 

4年半前、たまたま手に取った飲食業界の求人情報雑誌に、塩元帥の情報が掲載されておりました。

働きたいと思っていた会社だったので、すぐさま応募させて頂きました。

○修行時代はどのような感じでしたか?

 

ここで働きたい!と強く思って入ったラーメン店でしたので、修行時代も大変だと感じたことはありません。

あらゆることが刺激になり、とても良い勉強をさせていただいたと思っております。
しかしながら前職のラーメン店の働き方が身についてしまっている分、戸惑いはたくさんございました。
”カウンターしかない”という店のスタイルです。
お客様の目が常にこちらを向いていて1秒たりとも気を緩められないことは、以前のラーメン店ではなかったことです。

本当に戸惑いましたが、前職の仕事のスタイルのままでは塩元帥では通用しないということを身をもって知らされました。
ですので、塩元帥に来てくださる”通”で”こだわり”を持ったお客様に満足してもらえるような働き方ができるように、前職の18年分の凝り固まったプライドはかなぐり捨てたのです。

そのおかげで、以前から大将に指摘されていた”キミの接客は、お客様へ感謝の気持ちが込められていない!”という課題も克服され、

あらゆることへの感謝の気持ちを心から持てるようになったのもこの時代です。

○店長時代の苦労したことは?

 

この時代の苦労は、ひょっとしたら皆様が通る道かもしれませんが…。人材教育…つまりは”人への指導”についてです。

社員は私同様、ラーメンへの熱い想いを持って入って来られてる方ばかりなので手を焼くということはありませんが、私が苦労したのはアルバイトさんです。

店長になってからの私は、本当に怒ってばかりでした。自分の考えと合わないと怒る、成長が見られないと怒る、ミスがあると怒る…怒る…怒る…。

反省や指導で、終礼も延々と続きました。 そしてその結果、”その子のため”と思って指導をしたはずのアルバイトスタッフがあっさりと店を去っていくのです。

店長として売上もあげないといけない、結果を出さないといけない、だけどスタッフの心がまとまりません。

私の指導方法は、あきらかに間違っていました。 そこで、藁にもすがる思いで上に相談し、指導方法を伝授していただいたのです。

「怒らない指導法」です。 すると店の雰囲気は一変し、皆の心が驚くほど一つにまとまるようになりました。 これは店長時代に一番学んだ良い経験かもしれません。

あと店長として実務面での苦労は、会社へ提出するレポートの数々です。     私自身パソコンや文章作成が苦手なので、これはいつも苦労いたします。

○自分自身が塩元帥で成長した部分は?

 

1番に言えることは、”感謝の心”を持てるようになったことです!

以前のラーメン店までの18年は、今から考えればただ単に仕事をこなしているだけでした。
仕事も楽しくないし、時間が経つのも遅かった…。
ですがこちらで働かせて頂くようになり、仕事とはこんなに楽しいものかと毎日が発見の連続でした。
自分の人間力を高めたいと思えるようになったし、何より人のために働くことの有難さを感じられるようになりました。
それを気づかせてくれた会社にも、来てくださるお客様や取引先様にも、支えてくれる家族・友人・スタッフ…すべての人・モノ・コトに感謝しております。

○人間関係、人材教育で驚いたことは?

 

こちらの会社で驚いたことは、みんなの見ている方向が同じであるということです。

会議やレポート、朝礼、終礼、3大理念・3大原則…すべてにおいて、大将の教えが徹底して周知されています。
大将の仰ること・行動には一貫して筋が通っており、また明らかに正しいことを仰るので、皆が尊敬しております!

○味へのこだわりで驚いたことは?

 

自分も調理に携わって初めて目の当たりにしましたが、本当に全てが無添加・無化調・自家製なのです!
マヨネーズも厨房で作っていますし、雑魚もきちんと絶妙な配合の調味料で炊いてます。
ネギは切ったものを仕入れるのではなく自分達で切りますし、全ての仕込みが自分達でしなければいけません。

私も長く飲食業界にいますから、ある程度業者に任せたものを仕入れたほうが早いのでは?と思ったことがあるのも事実です。
ですが、それでは”大将の想い”から外れてしまうのです。
時間はかかりますが、本当に美味しいもの・安全なものをご提供するには、ここまでしないとダメなんだと勉強になりました。

○暖簾分け店主になることで生じた苦労は?

 

夢である自分の城が築けた!という喜びにひたれるようなゆっくりした時間は、まだありません。
ですが、充実感でいっぱいでございます。
やることも多く、給料計算から取引様への支払い・帳簿付けなど…経理関連の仕事もこなさなければなりません。
また求人の段取りや面接、採用後の教育など…人事関連の仕事もたくさんあります。
4月に独立させて頂いたばかりで大変ではありますが、とてもヤル気でいっぱいです!
実際のところ、給料も上がりました!

○暖簾分け店主になることで生じた気持ち・行動の変化はありますか?

 

店長時代にももちろんありましたが、それとはまた”異質”の責任感が芽生えました。

○暖簾分け店主と通常の独立開業の違いは?

 

これは本当に大きく違います。
イチから自分でラーメン店をオープンさせ繁盛させるということは、並大抵の人ではできません。
ですが暖簾分け店主は、お客様のご支持が多くある”自分も心底惚れているラーメン”で勝負が出来ます。
塩元帥の店長として軌道に乗せたラーメン店で、引き続き自分の店として勝負ができるのは本当に有難い話です。

○暖簾分け店主になったあと、株式会社全力との付き合いはありますか?

 

もちろんあります!
私を成長させていただいた会社ですので、そのご恩は引き続き何らかの形で返していくところでございます。
会議にもまだまだ出席させて頂いておりますし、困ったときはアドバイスもいただいております。
レポートの提出も継続いたしますし、売上の報告も行っております。
何より大将の掲げた3大理念・3大原則は、続けていきたいですね。
オーナー会にも今後は参加をさせて頂こうと思っております。

○先々の夢はありますか?

 

まずは遠くばかりを見ずに、しっかりと足元を固めようと思っています。
そして自分のように、多くの社員が羽ばたいて行ってくれることを望みます。
大きな夢としては、いつかは大将のように自分発のオリジナルの飲食店を出したいです。

○これからチャレンジされる方へのメッセージ

 

まずはこのホームページを熱心に読んで下さっている方へ…”ようこそ!幸せの会社へ!”と言いたいです。

穴が開くほど読まれている方は、きっとその気持ちも伝わるかと思います。 ぜひ頑張って夢の実現を叶えて欲しいとおもいます。

○頑張ってよかったですか?

良かったです! これまでの自分、これからの自分を見つめることができましたので。

大将はどんな人ですか?

雲の上の存在です。 それでも親しくしてもらえているのは、本当に嬉しく思っています。 このままの大将でいてください。 どうぞ変わらないで下さい。

暖簾分け店主【尼崎塩元帥 横尾祐樹】

飲食関係です(大手シティホテルの厨房、チェーンのお好み焼き屋・ラーメン屋)。
○転職した理由は?

働いていたチェーンのラーメン屋が閉店になったためです。

ラーメンへの興味がとても大きくなっていたので、ラーメン業界への転職を考えていました。
○なぜ塩元帥を選んだのですか? 
テレビや雑誌で取り上げられている特集がたくさんあって、それを目にしたことです。
あと、“本気でやっていきましょう”という大将の言葉に惹かれたからです。
○応募のきっかけは?
飲食専門のグルメ雑誌とホームページです。
○修行時代はどのような感じでしたか?
店長になるまでは、22歳から24歳までの2年間ですが全力で駆け抜けた感じです。
友達は皆遊んでいましたが、とにかく仕事のことだけを考えて我武者羅でした。
このように仕事に没頭できたのは、とにかく塩元帥の居心地が良かったからだと思います。
何も知らない私を先輩達が温かく迎えてくれましたし、どんなことでも分かりやすく教えてくれました。
意味のある失敗であれば許容されますし、いつも誰かが助けてくれます。
これまで働いてきた飲食関係の職場とは雲泥の違いで、優しくて温厚な人ばかりで本当に驚きました。
○店長時代の苦労したことは?
店長時代に苦労したことは3点ほどあります。
私が塩元帥の社員として店長をしていたのは24~26歳までです。
まだまだ若造でしたので、年長者のパートさん、アルバイトさんを含む20名をまとめていくことはとても苦労しました。
人にはそれぞれ年齢・性別・個性がありますので、それに応じて指導の仕方を変えなくてはいけません。
また悩んでいる時などは、積極的にその悩みに気付いてあげ、相談に乗っていかなくてはなりません。
こういった上に立つものとして必要なコミュニケーションが最初は上手くできず、本当に苦労しました。
あと、これは意識が低かったのだと思いますが、整理整頓や掃除が徹底できておりませんでした。
商売においてその場をキレイに保つことは当たり前のことなのですが、当時は事務所も店も徹底した管理が出来ていなかったと思います。
社長からいつも言われていましたが、これを本当の意味で理解するのは苦労しました。
最後は、惰性になってしまった時期があったということです。
塩元帥は商品力が強く多くのファンがいるので、心をこめて仕事をしていればしっかりと店を繁盛させることが出来ます。
ただ少し気を緩めると、その状況に胡坐をかき惰性的になってしまいます。
実は1ヶ月だけですが、私もそういった状態に陥った時期がありました。
その時の店の売り上げですが、なんと通常の5%も落としてしまったのです。これは経営者としての考え方が身についておらず、ブランド力に甘えていたのだと思います。
そんな私の状態を社長が見逃すはずも無く、社長に呼ばれ、話を聞いてもらいました。
このような時も高橋社長は怒らず、”大丈夫か?何か悩んでいないか?“と優しく私の気持ちを聞いてくれました。
このような人の元で働けていることが嬉しいことは勿論なのですが、こんな恵まれた状況で惰性に陥った自分にとても腹が立ち、深く落ちこみました。
それからは、日々色々なことに感謝し、惰性になることはもう決してありません。
○自分自身が塩元帥で成長した部分は?
人間力、これに尽きると思います。
塩元帥で働いている中で例を挙げれば切りがありませんが、家族・仕事仲間・友人・物、“全てのものを大事にしよう”という意識が強まりました。
何事にもポジティブに考えるようになりましたし、小さなことに幸せを感じられるようにもなりました。
あと、お金のためじゃなく目の前の人のために働けるようになりました。
これは、塩元帥で働くことによって、お金に換算することのできない沢山の考え方や知識・知恵を貰ったからだと思います。
○人間関係、人材教育で驚いたことは?
上下関係が良い意味であまりなく、とても人間関係がいい所です。
みんなが悩み事を親身に考えてくれるので、厳しい職場が多い飲食業界とは思えませんでした。
あと、最初からドンドン仕事を任せてもらえるので、とても成長が早いです。
最初は皿洗いや掃除ばかりだと思ってましたが、そうでなかったのは入社前のイメージと異なった点です。
○味へのこだわりで驚いたことは?
味へのこだわりで驚いたことは書ききれないほどあります。
まずは、各店舗で自家製麺をつくっていること。温度計や湿度計を見ながら微調整し、とても手の込んだ作業をしていることに驚きました。
あと、化学調味料を全く使わずここまで美味しいラーメンを作っているということに驚きましたし、冷めにくい独特のチャーハンの作り方にも驚きました(最初食べた時、熱さにびっくりしました)。
あとは、とにかくひとつひとつの作業に小さなこだわりが盛り込まれていることです。
スープは、5分毎に火加減を調整しますし(ガスのコックをミリ単位で調整します)、完成までに6工程もあります。
たれは42g、スープは320gなど、とにかく細かい数字上の決め事も徹底されています。リピーターとして帰ってきてくださるお客様の期待を裏切らないため、
寸分違わぬものを提供しようとする心意気に圧倒されたのを覚えています。
サイドメニューを含め基本的には全てを自分の店舗で用意するので、仕込み時間も手間も本当に手がかかります。
たとえ店舗がどんどんと増えていこうとも、こういった手間隙を惜しむことなく続けていることに塩元帥の凄みがあるのだと思います。
○暖簾分け店主について教えてください
暖簾分け店主とは、塩元帥の正社員店長として働いていた店舗をそのまま買い取って独立する形式です。
私は尼崎店の店長でしたので、この店を引き継ぎ、自分の会社を立ち上げ運営しています(今の私は塩元帥・尼崎店を運営する株式会社前進の代表取締役です)。
この方法の良い所は、自分が正社員として切り盛りしていた毎月1000万円以上の売り上げのある店をそのまま続けて運営できるので、スタート時のリスクがとても少ないことです。
スタッフも設備もそのままですし、既に多くのお客様がいる状態で店をオープンしますので、
引き継いだ瞬間から黒字経営が出来るのです。本当にありがたいことだと思っています。
○暖簾分け店主になることで生じた苦労は?
仕事内容は基本的にこれまでと変わらないので、その面での苦労はありません。
しかし、経営者としての事務処理がとても増えたので、そういった面では少し大変です。
ただわからないことは高橋社長に何時でも相談できるので、安心はしています。
○暖簾分け店主になることで生じた気持ち・行動の変化はありますか?
自分の店を持てたことで、とにかくモチベーションが上がりました。
もちろんこれまでもモチベーションはずっと高かったのですが、更に上に上がった感じがします。
ここまでしていただいた塩元帥ブランドを、自分が傷をつけてしまうことの無い様に!という思いも日に日に強まってます。
あと、自分の店のスタッフを大切にする思いも強まりましたので、みんなが一緒に幸せになれるようにとても真剣に考えるようにもなりました。
行動としては、速度が上がりましたし、色々なことを自分で考えて動けるようになりました。
自分の行動を考え、そして常に変えていくことは、経営のうえでもプラスとなります。
経費節減やトラブルを自分で解決するという意識も今まで以上に高いです。
○暖簾分け店主と通常の独立開業の違いは?
塩元帥の暖簾わけ店主は、とにかく安心です。
手の込んだ作業と安全性に裏打ちされた強い商品力もありますし、既に流行っている店で独立できるためにスタート時から黒字経営が可能です。
そして店を一緒に運営してくれる信頼できるスタッフが最初からいてくれるということは、経営者としてはとても大きいことです。
あと、店舗を買い取る費用に関しても、普通に新規開業するのと変わらないくらいですので、納得でした。
○暖簾分け店主になったあと、株式会社全力との付き合いはありますか?
付き合いは、これまで同様に続けさせていただいております。
毎月の勉強会にも参加していますし、高橋社長にも頻繁に相談しています。
沢山の仲間がいてとても心強いです!
○先々の夢はありますか?
高橋社長のように、これからチャレンジしてくる仲間をドンドン引き上げていきたいと思います。
仲間に夢を与え、それと共に自分の会社を大きくしていきたいです。
○これからチャレンジされる方へのメッセージ
もし、塩元帥(株式会社全力)に入れたならこれはとても運がいいことです。
高橋社長はスタッフ一人一人の頑張りを絶対に見逃しませんし、必ず正当に評価してくれます。
学歴も職歴も関係なく、素直に全力を投じていれば、正しい形で報われることは間違いありません。
なので、明るい未来を見据え、ただひたすらに仕事をしてください。
塩元帥で成功するコツは、とにかく素直に、ポジティブに熱意を持って全力で頑張ることです。 そんな皆様と熱く語り合えることを、私自身もとても楽しみにしています!
○頑張ってよかったですか?
言葉で言い表せないほど感謝をしていますし、本当に頑張って良かったです!
○大将はどんな人ですか?
とても良く話を聞いてくれますし、頑張りをいつも正当に評価してくれます。
こんなに距離が近く温かみのある社長はいないと思います。
欠点はとくに見当たりませんが、怒るとちょっと怖いです(ここ数年で1度くらいしか見たことはありませんが…)。

暖簾分け店主【総大将 玉井靖浩】

○前職は?
19歳からの5年間、佐川急便で働いた後、しばらく実家の商売(衣料の製造)を手伝っていました。

○転職した理由は?
実家の商売が廃業となったのがきっかけです。 廃業の後、私は屋台を始めたかったのですが、飲食業界にはあまり詳しくありませんでした。 飲食業界のノウハウを働きながら学べたら…と思い、半年頑張るつもりで飲食業界に転職する決意を固めました。

○なぜ塩元帥を選んだのですか?
求人誌に載っていた“塩と醤油に自信有り”というキャッチに惹かれました。

自らの味に絶対的な自信を持っているこのお店なら、自分が将来独立して成功するために必要なモノ・コトを必ず教えてくれるはず… そう考えたのです。

実を言うと、塩元帥を応募させていただく前にも2店舗ほど違うラーメン店を経験いたしました。

しかし、いずれのお店も、個人経営の小さなお店から大きな会社へと変わっていく過渡期にありました。

その時の私は、大きな会社の組織に属しながらラーメン店を経営するのではなく、小さなお店を自分で経営するためのノウハウが欲しかったの で、

前の2店は退職させていただくことにしたのです。 その時ちょうど求人誌に載っていた塩元帥は、まだ総大醤のみで経営されている時代でしたから、私の求めるものに近かったのです。

応募のきっかけは?
グルメキャリーです。
私がお世話になり始めた頃は、ホームページなどは無かったため、求人誌の情報のみで応募いたしました。

修行時代はどのような感じでしたか?
飲食未経験からのスタートでしたが仕事内容は決して難しい内容ではないし、 自分がやりたいと思った仕事だったので、どんな仕事も楽しく充実感で一杯でした。

店長時代の苦労したことは?
苦労と思ったことは殆どありませんが、スタッフとの関係においてはひとつだけあります。

店長時代、私は最高の商品をお客様に提供することのみに没頭しすぎていました。

そしてその本気度がお客様にも伝わるよう、緊張したぴりぴりした感じを醸し出していました。

スタッフに対しても、自分と同じ考えを求め、ただお客様の方だけを向いて仕事をしていました。

しかしあるとき、私が信頼していたスタッフが、私のことをあまりよく思っていないことを知ってしまいました。

私自身、仕事に対して真剣に取り組み、スタッフに対しても良い仕事が出来るように最善を尽くしていたつもりなので そういった負の感情を私に向けられていることに愕然としました。

正直、とても腹が立って仕様がなかったのですが、この時に大将(高橋社長)に相談いたしました。

大将から、“その結果は人のせいではなく自分の責任だと考えるように”と言われました。

正直、この一言で色々なものの見方が変わってきました。

店というのは、お客様だけを見るのではなく一緒に働くスタッフの幸せも見なくてはいけないのだと。

全ては自分の鏡であって、周囲を変えるためには自分を変えなくてはならないのだと。

今は、スタッフの気持ちを感じよく話しを聞き、皆が相談しやすいように出来る限りやわらかく接するように心がけています。

もちろん、人の気持ちを感じることなく生きてきた歴史がありましたので、一朝一夕に変わっていったわけではありませんが 変わっては少し戻ってを繰り返しながら

今では、人としても随分と成長できてきたと思っています(まだまだですが)。

自分自身が塩元帥で成長した部分は?
先にも書かせていただいたように、人への接し方が大きく成長したと思います。 恥ずかしい話、10代のころから数年前までは、自分自身の経済的な成功が中心軸でした。

しかし、大将と一緒に働き始め、色々なことを学ばせていただくにつれ、 経済的な成功ではなく、”人に喜ばれる人になりたい”という方向に軸が変わりました。

総大醤を含む塩元帥グループの教えが長い時間をかけて自分自身に染み込んできた結果だと思います。

※この意識の変化は仕事だけではなくプライベートにも波及し、普段から怒らなくなり、 言動などが大きく変わったと周囲からは言われるようになりました。

人間関係、人材教育で驚いたことは?
私は塩元帥が今のような大きなグループになる前から属していますので、 全てを当たり前だと受け止めて来ましたが、

人間関係が良好で、本気で人間力を高める努力をしているということは、世間から見ると驚きなの かもしれません。

味へのこだわりで驚いたことは?
味の徹底的な再現性を求めて調味料などを1g単位で正確に計量していること。 本当に良いものを提供するためには、この意識が大切なのだと思います。

暖簾分け店主になることで生じた苦労は?
お客様数に対するプレッシャーが強くなりました。 やはり、自分の店を持つという責任は重いのだと実感いたしました。

暖簾分け店主になることで生じた気持ち・行動の変化はありますか?
経営者になって感じた事はスタッフの人生を背負っている責任です。 その責任を感じながら仕事をさせて頂いている今の環境に感謝したいです。

今は僕と一緒に働いてくれているスタッフが、この店に入店して良かった、 毎日が充実感で一杯だと感じて頂ける環境を作る事が目標です。

僕が大将に店を譲って頂いたように僕も今一緒に働いてくれているスタッフに店を譲れるレベルの人間になる事が目標です。

暖簾分け店主と通常の独立開業の違いは?
暖簾分けの良い所は、失敗する可能性が限りなくゼロに近い安心感です。

また、暖簾わけをうたっていても自由度が少ないケースが多いこの業界で 塩元帥グループは自由度が高いという特徴があります。

総大醤の経営者をさせて頂きながら自分自身の新しい味でラーメン屋を出店しても良いと言う環境、 目標を与えて頂いている事に感謝です。

暖簾分け店主になったあと、株式会社全力との付き合いはありますか?
もちろんあります! 暖簾分け店主になったからといって、私の勉強が終わったわけではありません。

会議にも参加させていただいたり、独立したオーナーが集まる食事会に顔を出すようにして、 日々勉強させていただいております。

先々の夢はありますか?
自分ブランドの店を一から創りたいと思っています。 ラーメンに関しては総大醤で十分やりきっていますし、総大醤は今後、店舗を増やしていく予定は今のところありません。

なので、ラーメンとは異なるジャンルの店を出して、実力を試してしてみたいです。 また、違う角度からの夢がもうひとつあります。

それは、大将が私にしてくださったように、私も新しくチャレンジする人達のために何か貢献できれば…と考えています。

これからチャレンジされる方へのメッセージ
自分の気持ちを本気にするだけで大きく人生が変わります。

”本気”が成功のキーワードですので、熱く一気に進んでください! 今からプロスポーツ選手になれ、医者になれ…など、無茶なことを言っている訳ではありません。

仕事に対して”やる気・本気”を持つ、ただそれだけです。 たったそれだけで、あなたの人生が大きく変わります。これ、本当ですよ。

頑張ってよかったですか?
良かったです。 先程も言いましたが、本当のところは飲食店経営のノウハウが学べたら、その段階(予定では半年でした)で店を辞めるつもりでした。

しかし、大将が優しく親切に(時にはとても厳しく)私のことを私以上に真剣に考えてくださるものですから、

いつしか自分の心に”必ずこの人のプラスになってから辞めよう!”…そういった気持ちが芽生えたのです。

その気持ちが、私の”やる気”にさらに拍車をかけました。 その頑張りの成果が、今のこの”暖簾分け店主”という立場に表れているのだと思っています。

大将はどんな人ですか?
他の人が見落としがちな、とても細かいところまでしっかりと見ることができる方ですね。

また、社長というよりも道徳を追求する人です。 入社当初、廃棄・ロスを無くすことや1円の重要さを切々と説いておられましたが そのことが商売を成功させる鍵であると、

独立した今は見にしみて分かります。 当初から、経営のイロハから人間としての部分をしっかりと教えてくださったことは感謝しても感謝し切れません。

私の親も良い人とめぐり合って奇跡といってくれています。 大将に伝えたいことは、心から”ありがとうございます”という言葉です。 そして、これからも宜しくお願い致します。