本気の塩元帥ラーメンフランチャイズ募集ブログ

塩元帥による、これからラーメン屋になりたい人へのメッセージ

ラーメン業界に進む前に読む話

ラーメン屋の開業資金調達法

投稿日:

開業資金について不安に思われている方も多いようですね。

開業資金の調達法として自己資金の比率を大きくすることが望ましいですが、足りない分は、公共機関を利用するとよいでしょう。日本政策金融公庫などの政府系都道府県など制度融資などがあります。
また、暖簾分け制度などを利用する場合、母体となる会社から開業資金を貸し出してもらえることもあります。

私の場合、開業資金として自己資金を1,000万円用意し、その内の960万円を設備資金及び雑費に充てました。私は修業時代に貯めた1000万円の他に日本政策金融公庫から550万円借りることができましたので、それを運転資金として使うことにいたしました。

この余裕分があれば、お客様が足を運んでくださらない時期があったとしても、持ちこたえることができるという安心にも繋がります。この運転資金としての余裕分は、少なくとも200万円~300万円は用意できると精神的に余裕が生まれます。

 

地域や広さ、物件などにより必ずしも資金を1000万円貯める必要はありません。民間の金融機関から融資を受ける際は、起業したばかりで信用がありませんので、審査に通るために保証人を用意したり、不動産担保を用意したりする必要が出てくるでしょう。

可能な限り修業期間中にしっかり貯め、余裕のある開業をなさることが望ましいでしょう。

□塩元帥の求人専門サイト
□ラーメン屋になるための2時間セミナー

 

 

-ラーメン業界に進む前に読む話

執筆者:

関連記事

オリジナルラーメンを創れるようになろう

ラーメン屋独立開業を目指し修行する時、まず習得するのは、修行先のラーメンを正確につくる技術です。その店の味をレシピどおり再現することができれば、スタッフとして大切な人材になることができます。 その上で …

ラーメン屋になるための修行先の選び方について

ラーメン屋になる際はどこかのラーメン屋で働きながら修行するのが王道です。今回は修行先の選び方の基準をいくつかご紹介させていただければと思います。 ①繁盛店であること:修行は繁盛店で行った方がよいでしょ …

祝!富田林塩元帥 暖簾分け独立

令和3年4月1日 「富田林塩元帥」近藤店長が暖簾分けシステムを活用して、 見事一国一城の主となりました^^これからは社員ではなく経営者として色んな角度から 観なければならない立場になります^^辛い事だ …

15坪ほどの小規模なラーメン屋という道もあります

ラーメン屋を独立開業する一つの戦略として、小規模店舗を出店する道もあります。 駐車場を持たない小規模店舗は 広さ:15坪程度 月売上:400万円程度 従業員:店主+社員1名+アルバイト1名( アルバイ …

第二の人生でラーメン屋を成功させるという選択

昨今40代の貧困率(年収200万円以下の割合)が上昇しているという話を耳にします。会社勤めをしていてもなかなか将来が見えてこない…そんな時にリセットして再出発するのに、ラーメン屋はとてもいいチャンスの …

このブログについて

このブログについて
皆様はじめまして。 このブログはラーメン業界で仕事をしようと考えている皆様のために塩元帥グループが書いています。 ラーメン屋はやりがいがある素晴らしい職業です。ぜひ皆様、努力を重ね、ラーメン業界に自分の居場所をつくって下さい。皆様のご活躍を心から願っております。

カレンダー

2017年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031