暖簾分け&求人専門サイト

暖簾分け店主の声
守山店 中山総一郎

前職は?
不動産の営業です。
転職した理由は?
何か自分で商売をしてみたいとは考えていた中で、暖簾分け制度がある塩元帥であれば、自分の希望や夢が叶うのではないか?と考えたからです。
なぜ塩元帥を選んだのですか?
ラーメンやうどんといった単品勝負の分野に興味があった中で、塩元帥で「天然塩ラーメン」を初めて食べた時、このラーメンを仕事にしたいと思いました。
応募のきっかけは?
小野塩元帥で食事をしてから、すぐにホームページを見て決めました。
修行時代はどのような感じでしたか?
一般的な修行というイメージとは程遠い、本当に楽しい毎日でした。
なんでも教えて下さる店長や、先輩方に囲まれて充実した日々を過ごさせて頂き、目の前の事にただただ一生懸命に取り組んでいたという感じでした。
店長時代の苦労したことは?
一番苦労したと思うのは、人財です。
特に店長になりたての頃は、今以上に力みがあったりしてスタッフさんにも厳しく接していたと思います。
その結果、自分から離れていったスタッフさんも正直おられました。
自分自身が成長した部分は?
店長を目指していた時もそうですし、店長になってからもスタッフ間の仲が非常に良いと感じています。
ライバルではあるけれど、仲間という感じの雰囲気に入社当時は特に驚きました。
人間関係、人財教育で驚いたことは?
店長を目指していた時もそうですし、店長になってからもスタッフ間の仲が非常に良いと感じています。
ライバルではあるけれど、仲間という感じの雰囲気に入社当時は特に驚きました。
味へのこだわりで驚いたことは?
1グラム単位での計量であったり、焼き飯の試験など、当たり前の事かもしれませんが、「同じもの」を提供するという事への意識の高さには驚きました。
これは今まで経験した他の仕事の中でも、群を抜いて1番だなと感じました。
暖簾分け店主になることで生じた苦労は?
やはり責任感が強くなりました。
また、スタッフさんへの感謝の気持ちも今まで以上に持つようになったと思います。
暖簾分け店主になることで生じた気持ち・行動の変化はありますか?
やはり責任感が強くなりました。
また、スタッフさんへの感謝の気持ちも今まで以上に持つようになったと思います。
暖簾分け店主と通常の独立開業の違いは?
通常の独立ですと集客しかり、仕入先しかり、すべてが一からです。
これは大変な事も多いと思います。
暖簾分けの場合、昨日まで運営していたお店での独立となりますので、限りなくリスクが低い形での独立が可能です。
暖簾分け店主になったあと、株式会社全力との付き合いはありますか?
はい。あります。
毎月の店長会議等へ出席し、今でも学ばせて頂いたり、時には悩み事の相談にのって頂く様な時もあります。
先々の夢はありますか?
まずは、滋賀県周辺に塩元帥を3店舗出店したいです。
これからチャレンジされる方へのメッセージ
本当に頑張りを正当に評価してもらえる環境だと思います。
今の自分に満足がいかず、悩んでいるような方は自信を持って飛び込んできて欲しいです。
頑張ってよかったですか?
良かったです。
会長はどんな人ですか?
どんな時でも私達の事を考えた上でお話して下さる心の優しい方です。
絶対に偉そうにするという事がなく、私の理想の会長像です。

暖簾分け・正社員・アルバイト・パートのご応募・お申し込みはこちらからどうぞ!!

Copyright(c) 2015
SHIO-GENSUI All rights reserved.