肥料づくり?!


image

こんにちは!

百姓のまっちゃんです(≧∇≦)

この写真は、なにか解りますか?

これはお野菜のご飯!

「肥料」です。

木村秋則さんの提唱する「自然栽培」は無肥料、無農薬ですが、無肥料は農薬を使わない為であり、過剰に肥料が身体によくない成分を増やすと考えての事からで、そこを理解出来た上でお野菜やお米を作る為に必要な養分を補うことは良いとおっしゃっています。

そして、お米の籾殻と米糠を発酵させたモノでの育苗土作りを教えて頂きました。

全力自然農園の考える自然栽培は、この籾殻の堆肥にくん炭を混ぜたものを育苗時のみに使用して苗をしっかり育て、あとは畑の土の力のみでお野菜を作るというものです。

自然栽培や自然農法、有機栽培などと言いますが栽培方法は個々の農家さんで色々です。

あげる水の量、温度管理なども大切でそこの工夫もそれぞれ違います。

全力自然農園のお野菜作りは「安心して食べられる食材づくり」が大義ですから、その為にどうするかが一番大切なことです。

という訳で、写真の答えは発酵中の籾殻堆肥です(^^)

作り方は

まず枠を準備して籾殻を入れます。

そして、米糠を入れて攪拌します。

IMG_0400[1]

最後に水をたっぷり入れて、

IMG_0403[1]

蓋をします。

あとは、発酵を待ちます。

image

だいたい60度前後で保つように、温度が上がり過ぎたら切り返しといって攪拌します。

これで約一カ月で堆肥が出来ます。

全力自然農園のラベルに肥料ゼロと書かずに化学肥料ゼロと書かせて頂いているのはこういう事で、畑に肥料は全く入れません。

 

入っているのは、工夫と愛情です(≧∇≦)

 

 

Comments are closed

Ringbinder theme by Themocracy