暖簾分け&求人専門サイト

暖簾分け店主の声
泉佐野店・岸和田店 鈴木圭

前職は?
大手建材メーカーの工場に勤務していました。
毎日同じ顔ぶれ、流れ作業、遣り甲斐に欠けていました。
転職した理由は?
東日本大震災の時に多くのラーメン屋さんに助けて頂き、店主の方々と出合い、私も将来大きい人間になりたいと思ったからです。
なぜ塩元帥を選んだのですか?
塩元帥には暖簾分け独立制度があり、魅力的でした。
そして将来の目標に確実に近づける職場だと思ったからです。
応募のきっかけは?
はじめて塩元帥のラーメンを食べた際に、味・接客共に感動を覚えました。
『塩元帥でこのラーメンを作りたい!』と感じたのがきっかけです。
修行時代はどのような感じでしたか?
毎日が目の前の課題をクリアしていく事に精一杯でした。
しかし、無理のない勤務時間や、しっかり休みがあったので苦に感じた事はありません。
それに周りの皆さんが努力されている職場でしたし、やったらやっただけ評価されるのでやり甲斐がありました。
店長時代の苦労したことは?
デスクワークが得意ではないので、慣れないうちは事務系の仕事に苦労しました。
しかし、本社の管理部の方々も協力して下さって大変助かりました。
自分自身が成長した部分は?
身の周りの人達に優しくなれた所です。
常に感謝の気持ちを持つことを意識していると、恵まれた環境や素晴らしい人たちに囲まれている事に気付かされました。
これからも感謝の気持ちは忘れずに、常に口に出していきます。
人間関係、人財教育で驚いたことは?
怒らない教育です。
怒らないで指導するという事は、自分の瞬間的な感情を抑え、タイミングや言い方を考えなければ出来る事ではありません。
料理の事だけではなく、人財を本当に大切に考えている会社だと思います。
味へのこだわりで驚いたことは?
1g、1ml単位での味の管理です。
大雑把に調理するのではなく、しっかりと練習。そして合格した者だけが調理場に立てる。味を守る、お客様の期待に応える、その気持ちが伝わってきました。
暖簾分け店主になることで生じた苦労は?
人財の確保です。
今はどの会社も苦戦を強いられていると思います。
暖簾分け店主になることで生じた気持ち・行動の変化はありますか?
株式会社襷(たすき)には、社員・アルバイトさん・パートさん含め50名ほどのスタッフが在籍しています。もちろんそのトップになる責任が生じます。
私が発する事には影響力がありますので言動、行動は考えています。
プレッシャーはもちろんありますが、スタッフさんの成長に対する喜びや嬉しさは倍以上に感じます。
暖簾分け店主と通常の独立開業の違いは?
暖簾分けは、昨日まで勤務していた店舗が、そのまま自分の会社になるという強みです。
通常ですとスタッフ教育、味を作る、店舗を作る、お客様の認知度ゼロ、などスタートが全然違います。
こんなに優遇されたシステムがある会社に出会えて幸せです。
暖簾分け店主になったあと、株式会社全力との付き合いはありますか?
本社で行われる会議や、新人研修、焼き飯指導など、独立後も手厚すぎるサポートをして頂いております。
グループ全体が盛り上がる為、全店が本気で活動しています。
先々の夢はありますか?
塩元帥をあと3店舗、自社ブランドの店も手掛けたいです。
震災で助けて下さったラーメン屋さんの様に、世の為人の為に働ける『チーム襷(たすき)』になるべく、日々の営業はもちろんですが、人間力を磨き続けます。
これからチャレンジされる方へのメッセージ
もし興味があるのであれば、本気になってその一歩を踏み出してください。
前に進まなければ見えない世界、見えないチャンスがこの世には溢れています。そのチャンスが見えるのが会長です、そのチャンスを掴ませて頂いたのが私たち暖簾分け店主です。
ただのオイシイ話ではなく、現実に幸せになっている人間ばかりです、私は自信を持って幸せと言い切れます。
頑張ってよかったですか?
もちろん、頑張ってよかったです。
会長はどんな人ですか?
私たちより未来が確実に見えている方です。
そしてなによりも私たちが幸せになる事を本気で願っていらっしゃいます。
何気ない会話や会議での話、全ては自分ではなく、周りの人が幸せになる為。だから全力グループのスタッフは本気で頑張れるのだと思います。
こういう人間になりたいと思わせてくれる方です。
私は修行時代に多くの失敗をしてきました。
会長は全て本気で指導、そして改善する人間は許してくれます。そして更にまた多くのチャンスを与えてくれます。夢を膨らませてくれます。本当に優しい方です。

暖簾分け・正社員・アルバイト・パートのご応募・お申し込みはこちらからどうぞ!!


Copyright(c) 2015
SHIO-GENSUI All rights reserved.