発芽!

IMG_7487

こんにちは!

百姓の

まっちゃんです(^-^)

今年で5シーズン目の春ですが、まだまだ新米の僕なので種蒔きのあとはいつもドキドキです。

今年もちゃんと芽が出てくれるのか、心配な毎日です。

と、心配な毎日をおくっていると・・・・・・・!

今年もちゃんと発芽が始まりました!!

IMG_7528

こちらはズッキーニ!

力強いです(^O^)

IMG_7499

レタス!

IMG_7490

ニンニク!

IMG_7494

じゃがいも!!

どんどん芽吹きはじまりました。

生命の力強さに感動です。

これからの成長が楽しみです!

 

 

 

 

 

 

遅ればせながら、種蒔きしました!

こんにちは!

百姓のまっちゃんです(^^♪

淡路では、綺麗だった桜も散り新るしい芽が出て新緑の季節がやってきました。

本来なら桜の咲くころには終えていなければいけない種蒔きが、今年は少し遅れてしまいました。

が、なんとか畑も形になってきたので、先日の「一粒万倍日」そして翌日に「新月」を控えた4月18日に種蒔きができました(^^)/

IMG_7443

まずはジャガイモ!品種はキタアカリです。

IMG_7444

大きいものはカットします。

Lサイズは3つに、Mサイズは2つに芽の位置に合わせてカットします。

IMG_7389

そして、間隔約30センチで並べて、しっかりお日様に当てて乾かしてから

「芽を下」にして植えます。※芽を下にすることで実が下につくので、土寄せの手間がへります。

IMG_7452

そして人参!

IMG_7451

人参は、前日に浸水して芽だしをすると発芽しやすくなります。

そして、

IMG_7472

今年の春のラインナップです!

全てが固定種のお野菜の種です。

淡路へ移ったので、リセットして今年からまた種取りします。

IMG_7483

レタス類、ナス類などの種はお米の育苗箱に土を入れて種をおろして、発芽して本葉が出たらポットに移します。

丁寧に、気持ちを込めて蒔きました。

それにしても、この小さな種が立派なお野菜に育っていくことに生命の素晴らしい力を感じずにはいられません。

自分もこんな小さな種からはじまったと思うと、生まれてきたことの意味を、立派な身体に育ててもらったことへの感謝を思います。

「生かせいのち」です!

IMG_7478

頑張れー!

お野菜たち(^^♪

さあ!

お野菜のお世話の季節が始まります。

 

 

畑へのお客さん

IMG_7427

こんにちは!

百姓のまっちゃんです(^^♪

朝、畑に行くと様子がいつもとちがいます。

なんだろうと思い畑を見ていると、ん。。。。。。

IMG_7426

んーちが。。。。。。すみません(^^;ラーメン屋のホームページでした。

足跡を見ていると猪や狸のようです。

居るのはわかっていましたが、早くも来場したみたいです。

今度の畑は山間部なので、しかも自然たっぷりのところですから覚悟はしていました。

いかに自然栽培とはいえ、仕事として作物を作る以上放置して食べられ放題ではいけませんので、山の住民たちと住み分けさせてもらわないとなりません。

というわけで、すでに地元の方のアドバイスで電気柵を頼んでありました。

IMG_7435

話し合いで分かち合えたらいいのですが、そんなわけもないので(^^;

こういうのは、心情的には苦手です。

景観的にも。

 

とはいえ、はやくしないとなにも植えれないので設置しました。

びふぉー

IMG_7433

あふたー!です。

IMG_7449

ポールは約4メートル間隔で、電線はすそから20センチです。淡路市はまだ鹿は居ないということで、猪と狸は下からきますから下に集中しています。

IMG_7447

これが送電機です。

以前、奈良では猪に芋類を全部食べられちゃったので、今回は準備万端!

遅ればせながら、いよいよお野菜の準備です!

 

耕せ!淡路島!!

IMG_7211

こんにちは!

百姓のまっちゃんです(^O^)

淡路島でお借りできた畑の使用前の様子です。

草や木々がしっかり生えています(>_<)でも、これがいいんです。

以前は、普通の慣行農法で農薬も化学肥料も使われていたということなので、

土の中にはいろんなものが残っています。それを草や木たちが吸い出してくれるからです。

IMG_7249

さあ、開墾です!

まず大きな草木を手鋸や刈払機などで取ってから、ハンマーナイフくんで草をバリバリ粉砕します。

この写真は野バラです。トゲがいっぱいです(>_<)

そして大きな草木を畑の外に運び出して土が見えたら、ヤン坊くんの出番です!

おっと!

その前に淡路の大地の神さまにご挨拶です!

IMG_7327

すべての事柄に感謝して!

さあ!

始めさせて頂きます。

IMG_7305

IMG_7309

耕し始めると、すかさずカラスたちが土から出てきた生き物を食べにやってきます。

ホンマによく見てます(笑)

IMG_7306

最初の1回は粗く浅めに耕して、2回目は少し深めに細かく耕します。

土に空気を吸わせてあげて、土の中の環境をお野菜を育てる環境にかえてあげる感じです。

そして畝立てです。

畝立ては、全力グループのみんなが買ってくれたベジマスターくんがやってくれます!

IMG_7331

IMG_7336

なかなか真っ直ぐになりませんが、だんだん上手く・・・・・・なってきました!(^^;

あとは植えるお野菜に合わせて手で微調整します。

畝は、大きいと保水力が高く、小さいと乾燥しやすいです。

あたり前のことですが、こんな事も4年前は解りませんでした。

そんな感じで、お野菜の特徴や畑の土質に合わせて幅や高さを調節します。

これで畑らしくなりました!

北陸の土と、淡路の土は違います。勉強しなくちゃ!

 

 

 

全力自然農園in淡路島 その2お引越し

こんにちは!

百姓のまっちゃんです(^O^)

前回、お知らせしましたが全力自然農園は「淡路島」に移転しました。

IMG_7320

こちらは畑のすぐ近くにある、あわじ花さじきです。

現在、花博が開催されていてお花畑がきれいに広がっていて、海をバックにめっちゃイイ眺めです。

さて、

今回の淡路島移転につき、機械などを揃えて頂きました(^-^)

IMG_7236

IMG_7305

畑にフェラーリ・・・・・・じゃなくてトラクターのヤン坊くんと

IMG_7248

ハンマーナイフといって、草を粉々にしながら刈ってくれる自然栽培農家の強い味方の新助っ人がやって来ました!

IMG_7239

IMG_7358

この子達の家を建てなくてはと思っていたのですが、これまた幸運にも畑の横に小屋があり地主さんの好意によりお借り出来ちゃいました!

みんなこの中に収まってくれて、本当に助かりました(^O^)感謝感謝です!!

こんな感じで、農業を始めてからいろんな人たちが、いっぱい救いの手を差し伸べてくれて助けられてばっかりです。

幸せです(^-^)

 

機械も環境も揃ったので、さあ!開墾頑張るぞっ!!

 

 

全力自然農園in淡路島!

お久しぶりです!

百姓のまっちゃんです(^O^)

「本当に安心な食材づくり」を目指してはじめた農業も5年目に突入し、一から勉強しながら農地を探してきました。奈良県で2年、そして石川県で2年とどちらの土地でも沢山の人たちにお世話になり、沢山のことを学ばせて頂きました。

ただ新規参入での農地探しは、なかなか難しく石川県でお借りしていた農地もお返ししなくてはならなくなりました。無農薬無肥料での自然栽培は土づくりが命で時間がかかります。

草を生やし刈りとった草を積み重ねることで土に有機物が残り、それを微生物が分解することによって土としての機能をはたしてくれます。いわば天然の肥料を作りながらお野菜をつくる感じといったら伝わるでしょうか。

ですから、石川県でも土が少しずつ良くなってきていたので残念でした(ToT)

でも、ピンチはチャンス!

兵庫県は淡路島に新しい農地が見つかり、お引越しすることになったんです。

image

淡路島は日照時間も長く気候も良いので、お野菜作りにとっても適しています。

そして

兵庫県職員の皆さんが本当に親身になってお世話してくれたおかげさまで、目標としていた面積の農地を長期間お借りできることになりました!

もうトントン拍子過ぎて恐ろしいくらいです(^O^)感謝!感謝です!!

畑のある場所は、神戸から淡路島へ渡ってすぐの淡路市の「あわじ花さじき」のすぐ近くです。

山の自然たっぷりの中で、畑から海も見渡せるめっちゃいいところです。

さらに畑の横に桜が!

もう、すぐに気に入ってしまいました!!

IMG_7417

どうですか?

桜って、綺麗ですよねー!大好きです!

・・・・・・あ、見入ってしまいました。

ちなみに、立ち止まっているのは「二代目車だん吉」くんです(^O^)

そして、畑は

IMG_7211

こんな感じに荒れ放題の休耕地です(>_<)

でも、農薬も肥料も雑草たちが吸ってくれた休耕地のほうが自然栽培には向いているんで大丈夫!

今は、この荒地を開墾するのに燃えております!

少しずつ畑に戻ってきたので、次回お見せします!!

 

最後になりましたが、北陸では沢山の方々にお世話になりました。

故郷が一つ増えた気持ちです。

本当に、本当にありがとう!!!

IMG_7102

 

 

 

 

 

 

 

Ringbinder theme by Themocracy