皆様へお願い(>_<)

こんにちは!

百姓のまっちゃんです!

北陸は、はやくも朝夕は寒いくらいになってきました。

それでも、畑の作物たちは芽生え、たくましく大きくなってきています(^O^)

種を蒔いて発芽するまでのドキドキからは、とりあえず開放されたところです。

夏に蒔いた大豆も、よく育ちしっかり実をつけてくれました。

前作で作った麦の効果もあったのかな?!

刈り取って、ハウスで干した大豆です!

立派でしょ?これで今年の味噌づくりの大豆はバッチリです!!

太陽いっぱい浴びて、しっかり乾燥させて、脱穀します。

大豆は、日本人の身体をずーっと支えてきた作物です。毎日食べる醤油や、味噌、豆腐にと、お肉を

食べなくても昔っから日本人の身体を支えてきてくれました。

そして畑の土にも、大切な養分を残してくれたりなんかもしてくれます(^O^)

自然の循環は、こんなところにもあります。

 

と、今回はこの場をお借りして、「総大醤」「塩元帥」のブログをご覧になっている皆様にお願いが

あります。

僕たちは、自然栽培で農業をしています。

自然に沿った形で、できるだけ手作業で作物に触って、作業し壊さなくていい自然の部分は壊さずに

作物を育てています。

畑に生えている草たちは刈り取り土に返すことで、健康な土にしていくという役割を

してくれています。

そうすることで、環境にもダメージをあたえずに、農薬も化学肥料も使わずに、本当に安心な野菜を

作り、みんなに食べてもらえると思うからです。

そんな想いで「自然栽培」に取り組んでいる若い仲間と、北陸でも出会うことができました。

普段から情報交換したり、手伝いあったりしている同志です。

まだまだ、みんな駆け出しで、必要な機械を揃えるまでに至っていません。

そんななかFaavoさんに、ご縁で声をかけていただき、僕たちに共感していただけるサポーターを募らせて

いただこうかということになりました。

2ヶ月で、草を刈って土に戻していく機械の購入資金を応援していただき、野菜などできることで返していく

という企画です。

なるべく沢山の人に知っていただきたく、この場をお借りしました。

どうぞ皆様よろしくお願いします!

 

 

応援・サポートしていただける方はこちら 

     ↑クリック↑m(_ _)m

野菜達の発芽!

すっかり涼しくなりましたね。

今年は、夏は夏らしく、秋は秋らしく季節を感じれたのではないでしょうか(^O^)

全力の畑も朝夕はしっかり冷えこみ、秋らしくなりました。

台風や豪雨を耐えた、秋のお野菜たちです。

秋茄子に万願寺におくらです。

しっかり種取りをして、来春に蒔きたいと思います。

 

そして、秋冬野菜達も発芽し始めました!!

野沢菜に

 

人参です。

この他に、ネギに玉ねぎが発芽しました。

種を蒔いて発芽するまでが、一番ドキドキします。

そして、発芽すれば、あとは水の管理です。

雨が降ってくれたらいいのですが、あまり降らなければ水撒きしてあげます。

野菜達も生き物ですので、小さいうちは手をかけて育てます。

 

早く大きくなーれ(^O^)

木村 秋則さん

皆様、秋深くなってきましたね(^-^)

全力自然農園も、夏から秋にすっかり模様替えも一段落、春から夏にかけて野菜達とともに畑を覆っていた草たちを

刈り、耕して、畝も立て直しました。

刈り込んで、枯らした草たちも土に沢山入って、少しずつですが土も柔らかくて、健康な土になってきたと思います。

また、畝の高さも、水はけのことや植える作物にあわせ高くしたり、少し低くしたりしています。

基本的に、人参や、大根などの根菜は畝を高めに、葉物野菜は低めにといった具合になっていますが、こちらの雨量や最近の豪雨

のことを考えて全体てきに高めにしてあります。(あまり高すぎると、かわきすぎるのでバランスが大事(゚o゚;;)

そして、準備ができれば天候に合わせて種蒔きです!

こちらは、固定種の種を蒔いてできた春菊から種取りをした、自家採種の種です。

全力自然農園では、ほぼ固定種の種から野菜をつくっています。

作り手にあわせて品種改良され、不自然な交配から作られたF1種の種ではなく、野菜から自然に採れた種の方が、自然だと思いますし

また、こうして種取りをし種をつないでいくことが、大切だからです。

このことは、絶滅危惧の動物たちのことと似ている、と言えば伝わり易いかもしれません(^O^)

また、固定種の種を種取りしていくことで、その土地にあった遺伝子が受け継がれ強い野菜ができると思います。

種のこと、詳しく知りたいと思ったかたには、うちもお世話になっています野口種苗の野口 勲さんの著書「タネが危ない」をお薦めします。

と、熱がはいってしまいましたが、そんなこんなを教えて日本中を駆け回る自然栽培の先生「木村秋則さん」が、

先日、石川県羽咋市に来られ久しぶりにお会いすることができました。

夏にもお会いしていましたが、大変多忙で体調をくずされながらも、全国から求められると駆けつけて自然栽培を拡めることに情熱いっぱい

の木村さん。

でも、いつもすっごい笑顔で「久しぶり!」と言ってくれます。

あの姿勢に、いつも感動してしまいます。

そして、早く木村さんが飛び回らなくてもいいように、少しでも手助けができるようになりたいと思います(^O^)

そのためには、「奇跡のりんご」に負けない野菜達を作らなくては!

 

全力の畑も種を蒔きました。

ちゃんと発芽してくれるか、毎日ドキドキしています(>_<)

 

 

 

 

 

Ringbinder theme by Themocracy