高槻発!! 進めラーメン研究会part23

高槻店の井上です!

今回は皆大好き豚肩ロースの低温チャーシューを作りました!

1日タレに漬け込み63℃で5時間かけてじっくり火を通しました!

 

断面はほんのりピンクのしっとり柔らかいチャーシューが出来ました!!

今回は漬け込んだタレを煮詰め、ブラックペッパーと薫製した塩をかけておつまみチャーシューとして頂きました!

また一つ理想とする一杯に近づきました!

 

高槻店の研究所には夢を叶える魅力があります!

本気でラーメン作りしたい人、接客が大好きな人募集中です!!

ブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!

 

進めラーメン研究会!!part22

ブログをご覧頂きありがとうございます😊

高槻店店長代理の川口です🍜

只今、絶賛販売中のオリーブ地鶏の冷製塩ラーメンの旨さの秘密!!

それは…

独自の出汁のブレンド!!

煮干しと節系の合わせ方で味に深みをもたせ、鷄節を加える事で旨味の相乗効果が得られます。

更に鷄節は、冷やした出汁に相性抜群なのです。

鶏の透んだ旨さが一層際立ち、全部飲み干してしまう位です!!

高槻店ラーメン研究室から生まれたこの一杯

夏季限定  昼/夜15食で、高槻店✖︎枚方店の2店舗で販売中ですので、是非食べに来て下さい😆🍜

高槻店には24時間ラーメン作りが出来る専用の研究室があり、本気でラーメン作りをしたい方にとってもってこいですよ(*・ω・)ノ

高槻塩元帥、スタッフ募集しております😊
私達と共に夢を叶えましょう✨

最後までご覧頂き、ありがとうございます!!

カリキュラム卒業に向け、ご案内係に挑戦中です

 いつもブログをご覧頂き、
誠にありがとうございます。
今回は、小野店、西尾が担当させて頂きます。

今までは主に、麺場、焼場を中心に
お仕事させて頂きましたが、
最近ではホール(ご案内係)を
練習させて頂いています。

料理の提供を優先しながら、
お待ち頂いているお客様を、出来るだけ早く
御案内するのは、とても難しいですが、
先輩スタッフの方に丁寧に教えて頂き、
段々と慣れてきました。

また、お客様との距離も近くなり、
声を掛けてくださる方も多く、
自分自身励まして頂いています。
ホールでのお出迎えは、
お店の第一印象になるので、笑顔で頑張ります。

次は、僕自身が、
お客様に満足してお帰りいただけるよう、
いつもご来店して頂いているお客様に感謝し日々レベルを上げていきます。

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

『先輩の立場になった私』私が教えていただいたことを次は後輩へ引き継ぎ、全力でサポートしていきます

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。
今月は、京都店武田が担当させていただきます。

私が京都店に入社して、もう少しで2年が経とうとしています。

最近、初心に帰って考えることがよくあります。特に、後輩に仕事を教える時、アドバイスする時、「あの時こう教えてくださったな〜」と思い出します。

私は、お客様をご案内する『お待ち』というポジションを始めて1年が経ちます。始めた頃は、右も左もわからずあたふたしてしまうことばかりでした。しかし、ベテランの先輩方が沢山アドバイスをくださり、時間が無い中でも丁寧に教えてくださったりと沢山のサポートをして下さったおかげで、今では少しずつ上達してきていると実感しています。

今では、私が後輩をサポートする番。後輩を教育するということは、責任が伴い非常に難しいことです。私はわかりやすく説明するということが苦手ですが、今まで先輩方が教えてくださったことを思い出して、私なりに教えて行けたらなと思います。そして、後輩たちと共に私自身も成長していきます!

最後までご覧頂きありがとうございます。

6月で2周年を迎えました

いつもブログをご覧いただき、誠に有難うございます。
枚方塩元帥主任の中埜です。
6月でオープンして2周年を迎えました。普通に営業できるようになり、アルバイトさんとの勤務も増えてきました。
久々に働く人たちと、オープン当初を懐かしむ話をする時があります。
私自身も塩元帥に入らなければできるようになっていない、技術や人間力の事などを振り返り、前向きに目標に向かって前進している事をとても感謝しています。
毎日メリハリのあるいい雰囲気で仕事ができ、とても充実しています。
これからも、お客様に喜んでいただくことが楽しみなスタッフと共に成長していきます。
最後までブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

これから夏に向けて❗

 

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

法隆寺店中野が今回担当させて頂きます(^-^)/

もうすぐ、暑い季節がやって来ますね🏖
店内が満席の時にお客様がお待ち頂いてる待合室ですが、昼間はクーラーをかけていても暑いので、少しでも日光を遮る為に簾を設置致しました🙋

これで少しでも暑さを和らげればと思います。

今年はコロナ対策として、スタッフがマスク着用の為、厨房内での熱中症対策を考え、サーキュレーターを設置しました。

お客様にもスタッフにも出来るだけ快適にすごしてもらえる様に、これからも色々改善していければと思います。

最後までご覧頂きありがとうございます🙇

塩元帥を卒業します。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます( *´艸`)

長浜店アルバイトの大西です。

長浜店でアルバイトを始めて、今年で1年が経ちました。

まだ、入り始めたばかりの頃は、初めての飲食店でのアルバイトで接客もオーダーを取ることも、レジ打ちも全然出来ませんでした。

そんな私でしたが、先輩方が優しく、時には厳しく教えてくださり、無事初心者マークを外すことができた時のことは、今でも大切な思い出です。

上の写真は、私が使っていた名札です。

この名札を見ると、大変だったことや嬉しかったことなどを思い出します。

ここでの経験を活かして、次に繋げていきたいです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

高槻塩元帥SNS担当の佐藤です(^^)

高槻塩元帥の佐藤です。

私はTwitterのInstagramなどのSNS
の担当をしています。

4月中旬からは新型コロナウイルスのこともあり、
#おうちで塩元帥 をおすすめしたく、
期間限定のお弁当や宅飲みセットのテイクアウト、お店のことをたくさんのお客様に知ってもらおう!
ということで、
今までよりも見やすく、読みやすく、写真もきちんと美味しさが伝わるように考えて投稿しました。

 

他のスタッフさんもInstagramなどのお声かけをしてくれたり、写真、文字、ハッシュタグなどの効果もあったのか
2ヶ月でフォロワー様が700前後から1041(6/4時点)まで増えました(*´▽`*)

とっても嬉しいし、やりがいを感じています。

得意なことは任せてもらえますし、
わからないことはみんなで考えて、答えを出しているので不安がなく、どんな分野でも成長していけます。

これからも、見て下さる方が楽しんでもらえるようにしっかり投稿していきます!

よろしくお願いします♡

 

滋賀県草津市に仲間入りさせて頂いた草津塩元帥です。よろしくお願い致します。

はじめまして、4月3日にオープンした草津塩元帥です。早いもので早2ヵ月が経過しようとしております。

オープン初日より多くのお客様にご来店を頂き、また温かいお言葉、励ましを頂きスタッフ一同、日々感謝の中、全力で営業させて頂いております。有難うございます。

申し遅れました、ブログ担当は草津塩元帥の建徳です(^^)/

まだお店も、草津塩元帥チームスタッフもできたてほやほやで未熟ですが、お客様よりご支持頂けるよう精進して参ります。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

塩元帥の麺→製麺

いつもブログをご覧頂きありがとうございます(^-^)
長浜店アルバイトの朱(しゅ)です。

 

自家製麺が塩元帥の一つの代名詞でもあります。

製麺室の壁がガラスになっており、入口のすぐ近くにあります。

いつでも中を覗くことができます。

食べに来る時、中に真っ白な服を着ている人見かけることありませんか?

生地が機械を経由し一玉ずつの麺になること見たことありませんか?

時間が良ければ麺作りのすべての過程を見ることができます。

次回ご来店する時ぜひ一度覗いてくださいませ。

 

粉から麺ができてくることは凄く面白いと感じ、

私は今年の二月から製麺を勉強し始めました。

三月からはもう一人で出来るようになりました。

もちろん勉強中は色々な問題が起こりました。

粉の混ぜる時間が長すぎて、粉の粒が大きく生地が穴だらけになったり、

ダイヤルを間違って、太さが違う生地ができたり、

ちょっとした不注意で生地が重なってしまったりしました。

そして一番の難関がつけ麺とラーメン麺二種類の麺の太さのコントロールです。

麺の太さはミリメートルオーダーなので、判断するのが大変難しいです。

最初の時店長や社員さんに確認してもらった時、もう少し太くしてくださいとか

麺の両側の太さがちょっと違うなどオッケーはなかなかもらえませんでした。

 

問題が出たら反省して、解決策を考えました。

直すべきところはきちんと直し、腕が上達してきました。

その後だんだん社員さんにも褒められるようになりました。

一番多い時一人で4体も作りました。体が大変疲れました。

しかし一箱一箱の麺が一日寝かせた後一杯一杯のラーメンになり、

お客様の前に出ることを思うと大変誇りがある仕事と感じました。

 

私に製麺の仕事を任せてくれることが光栄だと感じています。

私は高い品質を守り、最高でおいしい麺を作っていきたいと思います。

 

最後までご覧頂き有難うございます。